アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク

無痛治療

歯医者での治療

昔は歯科での虫歯治療と言えば麻酔も削られることも痛いことが当たり前でした。
しかし、昨今治療のための研究や技術が進み、虫歯の無痛治療ができる歯科も増えてきています。
例えば麻酔について、最近では表面麻酔という麻酔注射を刺入する場所の表面へゼリー状の麻酔薬を塗ることで針の痛みを消したり、アメリカ式無痛麻酔法という独特な注射法で患者が針を刺されたことが分からないうちに麻酔を効かせる方法があります。
他にも噴射式麻酔という針のない注射器や麻酔器があります。
実際の無痛治療については、笑気吸入鎮静法という治療前に恐怖心を和らげ、痛みに対して鈍くなる笑気ガスを使って催眠状態にしてから治療を始める方法などがあります。
また、小さな虫歯の場合は削らずにレーザーをあてて虫歯の進行を止める治療法や、エアブレージョンというアルミナ粒子をエアーで飛ばして歯を削る無痛治療法、虫歯を削らずにカリソルブという薬で虫歯に感染してしまった歯の虫歯部分だけを溶かしてやわらかくし、除去するという方法があります。

初期段階で虫歯に気づくのは困難で、痛みがあるからこそ気づくものであり、従って、進行してから歯科で治療を受けることとなるケースが大多数です。
それではやはり、治療が痛いから歯科に通うのは嫌だということになってしまいます。

しかし、現在、多くの歯科では痛みのない治療も行っています。

痛みのない治療を無痛治療と言い代表的な無痛治療は、麻酔を用いる治療法です。
麻酔をかければ、痛みを感じずに済みます。
ただ、麻酔は注射によって行われますから、治療の痛みはなくなってもても、注射の痛みという新たな問題が発生してしまいます。
しかし、現在の注射針は極細となっていますので、従来のような痛みを感じることはないのです。
また、注射の前にジェル状の麻酔剤を塗りますので、痛みは更に軽減されます。
どうしても、注射は苦手だという人には、笑気吸入鎮静法という方法をとることもできます。
この方法は、鼻から笑気ガスという麻酔薬を吸い込む方法です。
外科手術の全身麻酔と同様の方法ですが、そこまで強い麻酔ではないので、麻酔をかけても意識はありますし、見ることも話すこともできます。